2009年12月22日

酪農に転職

最近農業に関するTV番組が多いな、と感じています。

タレントが農業体験をしたり、田舎暮らしをするというもの、
学生など一般の人が田舎で農業を体験するものなどです。

コシヒカリの新米を田舎から送ってくれました。

やはり、米のツヤが違う、崩れていない、最高の米です。

現在は、本業が忙しいのと、祖父が他界したので、田舎の田んぼを農家の人に頼んで米を作ってもらっています。

酪農に転職した人のニュース↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091212-00000028-san-soci
田舎で働き隊!新村明子さん 客室乗務員から酪農家へ“出向”

12月12日7時57分配信 産経新聞
 ■食への新たな気づきの日々 

 全日空のスタイリッシュなユニホームから、つなぎと長靴の作業姿に変身して2カ月以上。「やせたかな、と思って体重を量ってみましたが、逆にちょっと太っていました」。

 全日空の客室乗務員としてロサンゼルスやシカゴ線などで活躍していたが、農林水産省の農村活性化事業「田舎で働き隊!」に応募し、10月から北海道白糠町の酪農農家で働いている。朝4時半に起き、午前6時から牛の世話や乳搾りをする日々だ。
posted by いなかっこ at 21:31 | 新規就農、農業ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

滋賀で田舎暮らしフェスタ開催

地元産の米(こしひかり)は最高です。水が違うので、米の光り方、粒の色が全然違います。
普段は無洗米の安いブレンド米かもしれない米で、特に米に執着はないのですが、やはり美味い米を食べると感動します。
米だけで食えますね。おかずはいりません!!
この前大阪の知人が私の地元の米を手に入れて、感動していました!

↓移住は大変だと思いますが、このような田舎暮らしのイベントに参加されるのも、田舎暮らしを始める第一歩です!!
実際に移住された方の話も聞けるようです。

田舎暮らしフェスタ:Iターン促進へ 滋賀県と余呉町、来月1日・旧余呉小で /大阪

http://mainichi.jp/area/osaka/news/20091020ddlk27040520000c.html

◇地元産米おにぎりの試食や移住者の暮らしぶりを紹介

 滋賀県と余呉町は、都市住民のIターンを進めるための「田舎暮らしフェスタ」を、11月1日に同町下余呉の旧余呉小学校で開く。午前11時〜午後4時。無料。

申し込みは湖北移住交流支援研究会(0749・50・1019)
タグ:田舎暮らし
posted by いなかっこ at 01:03 | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

羽田空港と新千歳空港

道端に落ちているどんぐりを見て、秋の 北海道をレンタカーで巡りたいと思い、親を連れて北海道へ行ってきました。

羽田空港を出発。
羽田空港に昼間就航するのは中国や韓国、香港、台湾などの近距離路線です。羽田空港は2年ぶりでした。

空港が好きで、写真撮影にたまに行きます。

新千歳空港へ到着。空港でレンタカーを借りました。北海道で電車やバスはまず無理です。札幌市内に向かう。
アウトレットが出来ており、その影響で高速に向かう道が大渋滞になっていました。

今回は初めてiPod nanoによる動画記録を試してみました。車や鉄道の車窓などを記録するのによさそうなので、車窓風景を記録。

阿寒湖といえば毬藻(まりも) です。直径30cmのものもありました。
最後に行った道の駅花ロードえにわは面白かったです。

父親の万歩計が壊れたりしましたが、帰りは、新千歳空港のお土産コーナーがかなり広いので回りきるため考えて早めの16時には到着しておきました。



posted by いなかっこ at 13:16 | スローライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。